音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

今年1年のハイレゾ狂騒劇を振り返って(師走だしね)

さて、これでNICKELBACKとFoo Fightersのハイレゾ音源を連チャンで聴いたわけなのだが、今後、ハイレゾ音源を購入するとしたら、レコーディングの段階でハイレゾを見越している最新音源か、アナログマスターが元の旧譜のハイレゾ化の二極化になるだろうと思った次第。

マスターがデジタルの、中途半端な旧譜(早い話がマスターが44.1/16の音源)には手を出さなくなるのではないかと。それが恐らく、ハイレゾにハマった今年一年でのあれこれと試行錯誤をした結論。

そういう意味では【K2HD】の荻野目洋子や高値の茅原実里のハイレゾに手を出したことにも、意味があったのだろうと自分を慰められる。

これからハイレゾに入る人は、あちこちに散見され始めたインプレッションや各種情報をうまく集めて、失敗のないコレクションを増やしていけることを祈願致します。先達というと恐れ多いですが、自分のように地雷を踏んで結論を見出した人間のインプレッションなんかも参考にしながら。

ま、それでもまだ100%完璧な答えは出ていないんですけれどもね。

'失敗 goes on'はまだまだ覚悟の上ですよ。