音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

日本の恋と、ユーミンと。 / 松任谷由実 (2012 FLAC)

図書館にて接収。FLAC化してライブラリに格納。

リリース当時は「やっぱり荒井由実時代しか認めねぇ」と息巻いていたけれども、今改めて聴いてみると、通しての統一感があっていいじゃありませんか。それは「いい曲」だけがうまくチョイスされているから、ということなのかもしれないけれども。今、Disc1を聴いてみただけなのだけれども、ちょっとこのまま続きを聴いてみようかな。

…ヤバい。「埠頭を渡る風」のアレンジなんて、天才の仕事ではなかろうか。悔しいことに誰かと思っても松任谷正隆以外にあり得ないわけで。