音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲 / ルプー, プレヴィン, ロンドン交響楽団 (1973/2018 SACD)

やっとこの作品のSACDディスクが手に入りましたよ。再発万歳。

で、聴いたのでありますが、もう、これが、ピアノもオケも、やはりCDとは別次元。

そもそもが一番最初にこの音源を聴いたのが、最初に出た限定盤のSACDでだったので、それ以来ずっと中古市場やオークションを探していたのだけれども、一向に出てくる気配はなく。だからこその、最初に書いた、再発万歳、なのですよ。

溜め息しか出ないっす。ウットリするための演奏。それもナヨッとしたウットリ感ではなく、意気揚々としたウットリ感。ファーストインプレッションで惚れた作品だもの、それも当然だよね。

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲<初回生産限定盤> 【SACDシングルレイヤー】