音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第4番 / ベーム, ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1975/2019 SHM-SACD)

ちょうどアンプ入れ替えのタイミングで入手したので、数日間放置されていたベームによるブラームス集。

ウィーン・フィルの演奏はここまで柔らかくも自然体だったのかと思わせる、馥郁たる演奏。ベームのコントロールは、先日聴いたばかりのセルとは大きく異なり、楽団の方向をある程度決定づけ、あとは流れるままに演奏を導いているような印象。ブラームスも何組かの演奏を聴いてきたけれども、これもまた特徴を持った演奏であると認識。

ちょっと、このところブラームスが面白いかもしれない。他も面白いのだけれども。

ブラームス:交響曲全集<限定盤> 【SACD Single Layer】