音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Kiichi-Yo / 横山輝一 (1993 FLAC)

そうです。横山輝一です。

ほら。久保田利伸の後にニョキニョキと生えてきたでしょう。こういうブラックなエッセンスを持ったポップメーカーが。それが久保田利伸の模倣だとはつゆとも思わないけれども、久保田利伸が掘り当てた鉱脈に上手いこと乗っかったシンガーであることは事実だろうと。

ま、中を聴くと本当にこれはポップスのカテゴリに組み込まれる音楽であって、この時代に多用されてたオケヒ(オーケストラヒット)もあちこちで使われているし、サンプリングやプリセット系の音も多用されている。「ごった煮」に近い要素が多分に含まれている音楽とでも言えばいいかな。もちろんカラオケで通用する楽曲、と言う要素があることも見逃せない。

事実、これを聴きながら何曲か一緒に熱唱していた次第。

で、久保田利伸、横山輝一と来たら、自分としてはあれも聴いておかなきゃならないでしょう。

Kiichi Yo