音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ブラームス:交響曲第4番 / ベーム, ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1975/2019 SHM-SACD)

自分がクラシックを聴く最も取っ掛かりになった楽曲の一つ。ブラ4ですな。

何枚かある中から、ベームを今日は選択。

重厚かつしっとりとした演奏は、ウィーン・フィルならではか。音が非常に艶やか。第3楽章の明るさなど、本当に天から光が差し込んでいるかのようなブリリアントさ。

いくらベタだと思われようが、自分にとってのブラームスは第4番なのです。