音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

めずらしい人生 / KAN (1992 FLAC)

先に聴いたMr.Childrenのラストトラックが「Over」だったわけだけれども、それを何とはなしにじっくりと聴き入っていたら、急にKANの存在が頭の中に降りてきたのでこれを再生。

改めて、強力なポップであることよ、と。ザ・メガポップ。この時期までのKANの本当に美味しい部分だけを抽出して提示しているので、軸にブレがないのだよね。ひたすらポップであろう、キャッチーであろうとするその姿勢に。

その中に少し切なくさせる曲も混じっていたりして、本当にポップの鑑であるかのようなコンパイル。

「愛は勝つ」のメガヒットの追い風を受けて編まれたベスト盤ではあるけれども、今聴いてみてもやはり何かにつけてメガな作品なのだよな。この人が切り拓いたポップシンガーの領域というものは確実に存在するよねと再認識。

え?具体的に好きな曲を挙げろと?

「東京ライフ」と「Regrets」です。アルバム全体としてのポップさを際立たせる、このバイプレーヤー的楽曲が愛おしすぎて困るほどですよ。

めずらしい人生KAN1987~1992