音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シャンバラ / SHAMBARA (1989 FLAC)

帰宅後に。

今日は全体的に古い。古いよ。これが古い音楽だとは認識していないけれども、時代は間違いなく古い。

落ち着いて聴いてみると、皆さんバリバリに演奏していると言うのに、ボーカルがまったく殺されていないあたりのバランス感覚が素晴らしいと。

むしろしっかりとしたボーカルアルバムとして仕上げているところが凄いのか。

だからこそ、演奏を聴いていても楽しく、いかにもこの当時らしいボーカル物としても楽しめるわけで。

この作品が半ば死蔵品とされているあたりは、非常に残念でならないわ。

SHAMBARA-シャンバラ-