音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

WISH / T-SQUARE (2022 96/24)

mora先行発売を購入。

インタビュー記事を読んでいたら「ひょっとしたら、いいアルバムに仕上がっているのではないか?」と言った雰囲気が伝わってきたので購入してみた次第。

結論からすると、非常に心地のよい、雑味のない新T-SQUAREサウンドが楽しめる作品と見事に仕上がっておりました。

どこかスムースジャズにも通じるような、軽やかに流れて行き、耳にすっと入り込む楽曲が多く、同時に今作最大の話題である多彩なゲストミュージシャンを迎えながらも、船頭が多くなることは決してなく、不思議と根底に統一感があるあたりが、この心地よさに繋がっているのではないかと。

プレイヤーの数が多くなったことで、T-SQUAREと言う既存の枠から解放された自由度の高さが目立っていることも、そう感じさせる一因なのだろうと。

また、これまで自分は特に坂東慧作品や彼のドラミングがやや苦手な傾向があったのだけれども、不思議と今作ではその苦手さ加減が全く感じられず、むしろこの流れるような雰囲気に、彼特有のやはり流れるようなドラミングが美しくはまっているようにも感じられた。

もしかするとこの苦手意識と言うものは、安藤正容のギタープレイや作品と坂東慧のそれとの組み合わせが、長年自分の中で消化不良を起こしていたことによるのかもしれないなどとも。

比較的カッチリとした作りになりがちだった安藤作品と、坂東慧の流れのようなものとが相反するものであったのでは、とも思ったのだけれども果たして。

それはともかく、ファーストインプレッションとしては上々の滑り出し。聴き込む価値が十分にあると感じられる良作でありました。T-SQUAREの新たな船出は前途洋々かと。

WISH (通常盤) (CD) (特典なし)