音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

FAST ACCESS / access (1993/2013 FLAC)

朝の二発目に。

この作品もそろそろ30年選手になるのか。最近また頻繁に聴くようになってきたアーティストの作品がだいたい30年選手になってきているのだよね。

10代から20代にかけて聴いていた音楽は完全に自分の中に刷り込まれているので、時間による風化を感じることがないのですよ。その予備知識的な物がなくいきなりそれほど前の音楽を聴いたら、さすがに古臭く感じるだろうとは思うのですが。

なのでこの浅倉大介の打ち込みサウンドは今聴いても刺激的に聞こえるのです。ええ、小室哲哉一派の音楽はおしなべて大好物ですよ。小室哲哉の完コピ的音楽が存在しないところもまた素敵なところでして。

どれを聴いても同じように聞こえる、と言う異論は認めます。それは仕方がない。

FAST ACCESS