音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2014-10-29から1日間の記事一覧

Nearness of You / Michael Brecker (2001)

今までなかなか聴く機会に恵まれなかったけれども、50〜60年代ジャズを普通に聴くようになってから、自分の中で再評価の波が来たような気がしたので再生。なんだ、雰囲気のあるいいアルバムじゃないか。13年前、20代の自分では理解出来なかったか、この静寂…

BEST / COMPLEX (1998)

ついさっきまで、吉川晃司の初期ベストを途中まで聴いていたので、その流れで。やっぱりこの色気と張りのあるボーカルに、サイバーなアレンジに乗せたギターが乗って、キャッチーな曲を歌うという設定は唯一無二のものがありましたよ。その後、同じ形態でB'z…

NO DAMAGE / 佐野元春 (1983/2014) Hi-Res

ちょっと大きめのボリュームで流しながら、洗濯物をたたんだり、これまで手をつけていなかった溜まったケミカルの整理をしたり。しかし、初期元春はこのアルバムがあれば一通り網羅出来るところが素晴らしい。高いポイントに至る初期衝動と純度の高いジャパ…

泣いてもいいんだよ / 中島みゆき (2014)

「麦の唄」もいい曲だとは思うのだけれども、お目当てはそちらではなく、カップリング。「泣いてもいいんだよ」ですよ。ももクロのアレ。ももクロのセルフカバーですよ!中島みゆきによるセルフカバーですよ!これがまた凄まじい説得力。そりゃ年の功だわ。…

Chicken Zombies / thee michelle gun elephant (1997)

さ、このアルバムを含めて残り3枚の「1日1枚ミッシェルさんを新しい順に聴く」ですよ。新しい順番に聴いているからか何なのか、古くなればなるほど、どんどんバンドがポップな要素を含んでいくように感じる。事実、ここでのTMGEは非常に「聴きやすい」。サウ…

" title="レッド・ツェッペリン?" class="asin">Led Zeppelin Ⅳ / Led Zeppelin (1971/2014) Hi-Res

早朝なのでWalkmanにて再生。イヤホンで聴いてもわかるこの立体感、そして楽器の存在感。自分にとっての理想のハイレゾ音源は「アナログマスターから作られる、空間・密度・立体感を伴ったサウンド」ということになるのかな。繰り返しになるけれども、今後、…

Cafe Bohemia(と見せかけ「Young Bloods」) / 佐野元春 (1986/2014) Hi-Res

CDと同時発売ではないハイレゾ音源は、どの画像を張ったらいいか悩むね。ということで、この曲のハイレゾ版をダウンロードするに至った経緯を、Twitterから拾ってみる。 おはようございます。東京は朝の5時です。起きちゃいました。最近、歳を取ったのかもし…