音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

beauty and harmony / 吉田美和 (1995)

バックミュージシャンの枯れた演奏が光る一枚。ドリカムとは異なる吉田美和のソングライティングが引き立つ一枚になっている。最近は寝るときに聴くことが多いのよね。こいつの2作目もよく聴くけど。歌謡曲をベースとした吉田美和がジャズをやるとこうなるというサンプルなのかもしれない。