音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Rising Son / Takuya Kuroda (2014)

いいねぇ。だんだんと耳の中で熟成してきた。非常に抑圧的ではあるけれども、その中で静かに燃えるトランペットと言った感。こういうものを1枚持っていると、何かと使えるのだよな。愛聴盤とまでは行かなくとも、持っていると安心感があるという位置づけ。