音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Hits Are for Squares / Sonic Youth (2008)

図書館にて接収。名前は知っていても中身を聴いたことがなかったので。

…。頭の中を混沌とした状態に持っていきたい時に聴くとなかなか快感な作品群ではないかと。その混沌の中にも時折ふと我に返る瞬間があって、一刀両断に斬り捨てるほどのものでもない。ロックの歴史の中にこういう存在もあった、という解釈でいいのだろう。

しかしこれをスタバ限定で売っていたなんて、アメリカは一体どういう国なんだろうか。