音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

D-Formation / 茅原実里 (2012/2014) Hi-Res

お師匠様と何気なくメールのやり取りをしている最中に「あれ?茅原実里のハイレゾ音源をヘッドホンで聴いたことがなかったんじゃないか?」と言うことに気付き、しばし封印していたパンドラの箱を開けてみた。

結果。

ごめんなさい。当然のことながら、リスニング環境を選ぶ音楽というものもあったんだよなぁ。SE425ではコントロールしきれなかったのか。思いっきり音圧を突っ込んでいるくせに、ATH-MSR7では鳴っている楽器は一通り聴き取れる。そしてこの音圧がまた心地よい。サイバー感を増幅させるために意図的に強く突っ込んでいるのだろうバスドラムの音が、何とも言えず絶妙。この快感はこのヘッドホンがもたらすもの。

馬鹿とハサミは使いよう。いや、違うな。これまでは豚に真珠を与えていた状態だったのだな。僕は醜い豚だ。