音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

4 1/2 / Steven Wilson (2016 ハイレゾ 96/24)

このアーティストは前作を聴いた際に「うーん、悪くはないのだけれども、良さが何か見出せなのだよな」と思っていたのです。で、半信半疑で本作を聴いてみると、これがすんなり聴ける。あまりにもすんなり聴けて、逆に「これでいいのか?」と疑問に思ってしまうくらいに。

恐らくあまりプログレしていなくて、展開のあるロック、程度に捉えることができる作品だからだろうと見ているのだけれども、そんな感想でいいのかな。

ま、いいか。聴きやすくて、僕好みの、ライトプログレ、みたいな感覚で。