音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Distance / 宇多田ヒカル (2001 FLAC)

あれだけ重量級の新譜を出されてしまうと、活動休止以前のアルバムがとても軽い仕上がりに感じられるという、この相対的なマジックよ。宇多田ヒカルがまだ「何かが普通と違うぞ?」的なポップスを作っていた時代だったとも言える。それでも聴き終えるとやはり何かしら重い作品を聴いたという実感は残るのだが。