音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / アルゲリッチ, アバド, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1994/2018 CD-DA)

同じボックスセットより。

アルゲリッチ、食わず嫌いだったかもしれない。

なに、このとんでもない説得力は。そして濃い。簡単にノックアウト喰らってしまいましたよ、私は。オケに負けていない、それでいて喧嘩もしていない。ちゃんと自分の世界と土俵で勝負して音を繰り出している。

まだまだ自分の知らない世界があるものだと、ちょっと嬉しくなってきましたよ。これは。