音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:チェロとピアノのためのソナタ第1番~第5番 / フルニエ, グルダ (1960/2019 ハイレゾ Blu-ray Audio)

朗々と歌い上げるフルニエのチェロと、軽やかに歌い回すグルダのピアノとの対比と融合が、聴き手の耳を一気に引きつける。

最初は横着してCDで聴き始めたのだけれども、さすがに録音の古さを感じさせてしまう音質だったので、接続などを諸々交換してBlu-ray Audioで再生。一気に音が垢抜けた。

「ハイレゾは高音質」と言うのは間違いではないけれども、高音質だけにはとどまらない、音を音として活かす効果もあるのだと再認識。

これを聴いていたら、少しは何かが楽になってきましたよ。どこか気負っていたのだろうね。明日からの仕事への復帰に対して。