音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS 〜SUPER SELECTED SONGS〜 / THE BLUE HEARTS (2015)

2枚組を一気に聴き倒す。

THE BLUE HEARTSに関してはmeldac時代の音源しかほとんど知らないのだけれども(それすらもシングル曲くらいしか知らない)、こうやって通して聴いてみると、この隙間の多い音の間にある焦燥感のようなものは決して色褪せず、むしろ今だからこそ余計に鋭く斬り込む何かに化けているような気がしてならない。古いパンクロックだと斬り捨てることも可能なのだし、曲の作りも決して垢抜けている言えないけれども、現代の音圧、演奏、そう言ったものにはない、聴き手に任された感覚、感傷と言ったものがぎっしりと詰まっているように思えるのだ。少なくとも単純に「今だからこそ新しいな」などと頭の軽い感想で聴けるようなものではなかった。