音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 / ギレリス, セル, クリーヴランド管弦楽団 (1968/2015 SACD)

ギレリスによるベートーヴェンのピアノ協奏曲集より。

濃厚かつ朗々と鳴る、セル率いるクリーヴランド管弦楽団の音と、繊細なタッチと切れ味で聴かせるギレリスの音とが、高次元で融合しているピアノコンチェルト。

これで、グルダ、アシュケナージ、アルゲリッチ、ギレリスと、ベートーヴェンを聴いてきたわけだけれども、もう、この時代のオケとソリストを差別化することなんて出来ないね。どれもこれも「あ、次元が違う」と思わせる音で迫ってくる。

基本的にはアナログ録音の時代だと言うこともあってか、より音が濃厚に聞こえてくるのも、異次元の音に聞こえる要因なのかもしれない。それがSACDにパッケージされてしまえば、そりゃぁ、もう、あなた、無敵ですよ。無論、SACDでなくとも、やはり何か違う世界線で演奏されているのを実感するのでありますが。

しかし、自分もどんどんとクラシックを掘り下げる方向に入ってきたな。そろそろ手を抜かないと、財布がパンクするよ?