音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第2番 / マイケル・ティルソン・トーマス, サンフランシスコ交響楽団 (2018 SACD)

本日の朝一に。

色彩鮮やかなシューマン第2番。フルオケの重さを全く感じさせない、それでいてボディはしっかりあると言う、ある意味において理想的なシューマン。

もしかするとこれが「現代的解釈」と言う物なのかもしれない、などと考えつつ聴いた次第。最新型のシューマン、か。