音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

h.ear go 2くん、ごめんなさい。君は出来る子だった。

普段はサブサブスピーカーとして、たまーに稼働している「h.ear go 2」くん。

これね。

今まではAmazon Music HDをキャストで飛ばして使うことが多かったのです。いや、ほとんどそれでしか使っていなかったと言ってもいいでしょう。

この手のBluetoothスピーカーにありがちな、もっさりとした音で、「まぁ、でも、他社の安いスピーカーに比較すればナンボかマシかな」と言う印象で。

ところが、本日、やることが本当になくなったので、気まぐれを起こし、SONYのMusic Centerアプリから、Wi-Fi経由で音を受信させてみたのですよ。送り出しはNASで。あえてハイレゾ音声を。

そうしましたところ。

あら。鳴る。鳴りますよ。メリハリとパンチの効いた音、それでいて、繊細な音も埋もれずに鳴ります。

本当にごめんなさい。君は出来る子だった。これまでは送り出しの音源がなまくらだったのだね。たとえWi-Fi経由でもNASから鳴らしてあげれば、しっかりとした音を出してくれる存在でした。

猫に小判とはよく言ったもので、正にその状態でありました。

h.ear go 2くんは、送り出し音源さえ間違えなければ、本当にしっかりとした、素晴らしい音を出すBluetoothスピーカーです。

謝罪がてら、お勧めしておきます。