音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第1番 / フィリップ・ジョルダン, ウィーン交響楽団 (2020 FLAC)

滅多に聴いたことがないベートーヴェンの1番を。

なぜこれをあまり聴いてこなかったのかが分からないほどに、すんなりと耳に馴染んで聴くことが出来た。

ベートーヴェンの室内楽的な要素を、フルオーケストラに入れ込んだような雰囲気として捉えながら聴いていた。

このフィリップ・ジョルダンとウィーン交響楽団との組み合わせのキレのよさと相まって、非常に明るい演奏が実に気に入った次第。

やはり最近のベートーヴェンの交響曲では、この組み合わせが一番好みなのかもしれないな。