音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Images and Words / Dream Theater (1992 FLAC)

ちなみに今晩はシラフですよ?

無条件で「カッコいい」と思えるロックばかりを聴いております。

すなわち、定番中の定番ばかりを聴いていると言うことでもありますが。

定番だからこその発見の多さもまた楽しいわけで。聴き込んでいない作品が世の中にはゴマンとあるのだな。自分のこのわずかなライブラリの中でさえも、まだまだ聴き込めていないというのに。

ちなみに自分にとってのこのアルバムの聴き所はドラムにあると思っております。もうね、とにかくね、シビれるわ。プレイも音も。

でね、もうね、プログレッシヴ・ロックだとかプログレッシヴ・メタルだとか、そんな細かいことはどうでもいいの。どれだけシビれる曲を生み出しているかというところだけでよいのよ。人類皆兄弟よ。

(徐々に深夜帯のナチュラルハイ状態になってきている模様)

Images & Words