音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-12-31から1日間の記事一覧

マーラー:交響曲第5番 / レナード・バーンスタイン, ニューヨーク・フィルハーモニック (1963/2018 SACD)

マーラー好きの友人と、この全集を含めその他計3点と、自分の手持ち音楽ソフト2点を交換で貸し借りしたのであります。バーンスタインのSACDシングルレイヤーは自分からのリクエストだったのですが。これがまた…。以前、この録音のCD廉価盤に収録されている第…

CATCH YOUR BEAT!!〜Cha-DANCE Party Vol.5 / 東京パフォーマンスドール (1992 FLAC)

今年を象徴する出来事として「急速に80年代~90年代へレイドバックした」こともあげておきましょう。とにかく新譜を聴かなくなった。全然聴いていないわけではないのだけれども、これまでにも増して新しいポップスを追いかけなくなりましたね。その代わりに…

GUNDAM SONG COVERS / 森口博子 (2019 96/24)

「2021年振り返り」のインターミッション的に、昨日までの山荘行きの洗濯物を一気に片付けながら聴いておりました。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / 内田光子, サー・サイモン・ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2010/2020 48/24)

クラシック音楽に対する興味関心はどうだったか。2020年ほど「買い漁る」と言う行為は明らかにしなくなりました。聴いてみたかった音源はそこである程度揃え尽くしたこともありますし、このコロナ禍でクラシック音楽の新録音物の点数が一気に減ったことも要…

three cheers for our side / Flipper's Guitar (1989/2010 SHM-CD)

今年の自分の音楽ライフを象徴する出来事としては、CD回帰の流れが若干見え始めてきたことがあげられるのではないかと。元はと言えばハイスペックCDが急に気になりだして、かつてCDで所有していた音源を、それらで買い直すと言う流れがありました。リマスタ…

TAGO STUDIO T3-01 ファーストインプレッション

これは美しいものを美しく、力強いものを力強く伝えることの出来るヘッドホンではないかと。エージングなしでこの出音とは、近い将来が楽しみ過ぎる。

COMPLETE SOLO PIANO WORKS Ⅲ / 和泉宏隆 (2021 48/24)

今年は、いや、今年も数多くの名プレイヤーが亡くなりました。その多くが、自分の音楽リスニング生活において、その若い頃に経て来たサウンドを作り出し、支えてきてくれたプレイヤーなのですよね。自分がそれ相応に歳を重ねると同時に、ミュージシャンも当…

COVERS -Sora Amamiya favorite songs- / 雨宮天 (2021 96/24)

今日は夜まで予定が入っていないので、音楽を聴きながら自分の音楽的1年を振り返ってみましょうかね。まずはこのアルバムで振り返り。今年はカヴァーアルバムが大豊作でした。すぐにはタイトルが出てこないほどにわんさと良質なカヴァーアルバムがリリースさ…

TRUTH / THE SQUARE (1987/2015 DSD64)

2021年最後の一日。朝一はこれで。特に深い意味はない。