音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

burundanga / FACT (2012)

最初に聴いたときには、なかなかコンパクトで面白い作品だと思ったのだけれども、改めてイヤホンで聴いてみると音の組み立てまでもコンパクト。

悪くはないのだけれども「こういう音楽、過去に聴いたことがあるなぁ」という印象。ミニマルに時代が一巡りしているのか?それともイヤホンで大人しく聴く音楽ではないということか。激しくモッシュしながら聴かないと気分が出ないとか。確かに電車の中でちょっと頭を振ってみたい気分にはなった。それが思うつぼというやつか。