音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

NEW-S / T-SQUARE (1991/2015 ハイレゾ DSD64)

マークオーディオ用のスピーカーケーブルが届く。今回選んだのはAIRBOWのHCR-ACF-EVO2。以前のメインスピーカーで使っていた音を思いだし、あれならば間違いはないだろうと、他の物を選択せずに一択でチョイス。

実際にスピーカーに接続し、僕にとってのリファレンス音源の一つである、この作品を選択。この作品は「鳴らす」ための要素が多分に詰め込まれた作品であることと、長年聴いている音源であることが、リファレンスとしても愛用してる理由なのだよね。

で、再生。

まず一発で分かるのはアタックの明快さ。そしてリバーブ処理のドープな感じも十分に表現されている。ドライブ感も十分。スピード感もしっかりと出ていて、音の消え際もスッキリと。サックスの立体感もフルレンジとは思えない位にしっかりと出ている。昨日、遊びで接続したWireworldの音とはもちろん全く異なるけれども、このケーブルを再度選んで正解だったと思わせる音の仕上がりになりましたよ。

それにしても、このようにケーブルの特性に敏感である辺り、本当にマークオーディオ8cmフルレンジは出来る子ちゃんだな。本当にいい子を作ってもらいました。お師匠様、ありがとう。

NEW-S

NEW-S 【Hi-Res】