音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第1番&第2番 / ホリガー, ケルンWDR交響楽団 (2018 CD-DA)

最後の最後まで買おうかどうか悩んでいたのに、発売日が一気に繰り上がって、突然のように届いてしまったボックスセット。

シューマンの交響曲全集は持っていなかったので、ここいらでちょっと聴いてみようと思ったわけで。実際に封を切ってみると、これが実に統率の取れた、それでいて、自由度の高さまで感じさせる溌剌とした演奏。音の見通しがとてもよく、重厚感はあるのだけれどもスッキリとも聴ける。これは良録音ですよ。だからこそ曲も生き生きと映えて聞こえる。

滅多に聴かなかった第2番も、何の抵抗もなくすんなりと聴けた。むしろなんでこれまで2番を聴かなかったんだろう?と疑問に思うほど。

なるほど、これは買って正解だったんだな。来るべくして自分の手元にやって来た。老後の蓄え、またワンセット。

シューマン: 交響作品全集