音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

CHEMISTRY / CHEMISTRY (2019 FLAC)

アルバムとしての印象は以前書いた通り。

CDからの音で聴くと、実にいい録音をしております。楽曲によって若干のバラツキはあるものの、総じてJ-POPとしては良好な録音。低域の量感が心地よい響きに繋がっている。ボーカル帯域のエネルギーもいい具合に作用している。