音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲 / ツィメルマン, カラヤン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1982/2016 SHM-CD)

カラヤンに苦手意識はない。圧倒的な統率力と牽引力が素直に素晴らしいと思える。

若き日のツィメルマンの演奏もリリカルかつ主張も適度で美しい。