音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:ヴァイオリンソナタ / クレーメル, アルゲリッチ (1986/2015 FLAC)

ヘッドホンにて鑑賞。

自分にとってのヴァイオリンがどのような存在であるかを再確認すべく聴いた。

やはりこういったピアノとのソナタにおいては、何も引っかかる雑味を感じずに、心地よく聴くことが出来た。

個人的な印象では、クレーメルもアルゲリッチも、クセのある演奏をしようとすればそれが出来てしまう奏者なので、そのネガティヴ要素を感じさせないあたり、同時に凄みを覚えたりもするわけであります。