音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

To Brazil with Love / Diana Panton (2011/2019 DSD256)

もしやと思い、この11.2MHz音源を再生。

ときめいた!

あれだけ自分を悩ませた11.2MHzのネックが、こうもあっさりと解消されるとは。前のスピーカーケーブルが本当にボトルネックになっていたのだね。

ソフトに弾力があり、そして空間の広さ、楽器の配置、そう言ったものが柔らかく表現される。

ようやくこの域までやってこられたか。たかがスピーカーケーブル、されどスピーカーケーブル。

To Brazil With Love