音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / キーシン, コリン・デイヴィス, ロンドン交響楽団 (2008 FLAC)

何とはなしにキーシンによるベートーヴェンを聴いてみたのだけれども、以前聴いた時よりもより深いレベルで聴き込むことが出来たかもしれない。

語り口のよいピアノ、とでも言えばいいかしら。表情は豊かで、いやらしい部分が皆無。それでいて無難の域に陥ることのないリリカルな味わい。

キーシンのピアノにも感心したのだけれども、オケと指揮者のサポートも清廉かつしっかりと重い。

そう考えてみると、聴きやすくもボディもしっかりとある演奏になるのも、ある意味当然の事だったのかもしれない。

本当にクラシック音楽は、聴けば聴くほどに、耳に入り込んでくる印象が異なってくる、奥の深いものであるな、とね。

Beethoven: The Complete Piano Concertos