音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

electrock / move (1998)

急にChemical Brothersの有名なアレを聴きたくなりYouTubeにて再生。オフィシャルで音源が提供されているなんて、なんて素敵な世界なのでしょう。

などと思っていたら、それをもろにパクっ(げふん、それをサンプリングしたmoveの音源を聴きたくなったので再生。気分も乗ってくる。爆音再生したいのだけれども、夜もいい時間なのでヘッドホンを引っ張り出し、しばし使っていなかったポタアンを噛まして耳にダイレクトに音源を押しつける。

うん。t-kimuraはパク(げふん、サンプリングとFavorite Blueで培ったポップさを上手くブレンドさせ、MOTSU先生は今聴いてみるとまだまだ練りきっていないラップをカマし、yuriはもう吊り橋理論としか思えないギリギリのラインで踏みとどまるという、三者三様に崩壊寸前のポップネスを繰り広げるという何とも言いがたいこの究極の不安定感。

そうだよ、これこそがmoveだよ。いやぁ、15年前の皆様はこのような具合だったのですな。再発見。