音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

冥土ノ土産 / 島爺 (2016 FLAC)

結論から言えば「チルドレンレコード」のカバーが入っていなかったら、聴く機会はなかったと思うのですが、久しぶりのボカロ歌ってみた系音楽。

ま、結果、まずまずかな。声質を使い分けられるボーカリストなので、曲に合わせて声を変えているのだけれども、それが逆に個性を殺すことに繋がっているような印象を受けた。ある種紋切り型の伊東歌詞太郎とは異なったアプローチなのだろうな、と思いつつ聴いたが、この人なりのアクの強さをもっと前面に押し出してもよかったのでは?と思った次第。そう言った楽曲は聴いていても面白かった。

あ。「チルドレンレコード」の解釈は満足の行くものでした。