音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第2番&第5番 / ヤルヴィ, パリ管弦楽団 (2018 SACD)

ああ。このシベリウスは生命力漲るシベリウスだ。特に第5番においては、精霊の動きというよりも、明らかに命ある物の動きとして描かれているよ。それでいてシベリウスであることからは外れていない。しっかりと漠とした北欧のイメージを伝えてくれている。

クラシックなるものは、指揮者と楽団の組み合わせ、そして時期によって、同じ曲でもここまで印象が大きく変わるものなのだから、本当に面白い。

シベリウス:交響曲全集

シベリウス:交響曲全集 【SACD Hybrid】