音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SUNSHOWER / 大貫妙子 (1977/2010 BSCD)

千切っては投げ、千切っては投げ。

投げようにもクオリティの高い作品ばかりで、もうどうにもこうにも頭がおかしくなりそうですよ。

そんなところで大貫妙子の2nd。これまた、なんだ。俺を殺す気だな。一発名盤即決じゃないか。そんなアルバムがこれで今日は3枚目ですよ。確かに名盤と賞される作品を選択して購入したのだけれども、1枚くらいは自分の趣味からちょっと外れてみてもいいのではないかい。

で、中身ですが。

いや、フュージョンそのものですが、大貫妙子のボーカルがそこに絶妙に待ったをかけて、歌物に強引に引っ張っている構図。それほどまでにボーカル力が強いんですよ。演奏が盤石なところに、ボーカルの持つグラヴィティが大きいものだから、もう、どこに耳を置いて良いのかがさっぱり分からなくなってくる。

大貫妙子って、ここまでパワーのあるボーカリストだったか?と自分の中にある印象、固定観念を大きく変える必要に駆られましたとも。

で、やっぱり、すげぇ…。