音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番~第3番 / ビルスマ (1979/2019 SACD)

午前4時前。皆が寝静まったので生活音が消える。このようなタイミングでしかなかなか聴けない音楽を。アンナー・ビルスマによる、バッハ無伴奏チェロ組曲。1979年録音、2019年リマスタのSACDで。そこはかとない孤独感と、泡のように浮かんでは消える何事でもない考えに浸る。

これはおそらく通して最後までは聴けまい。

日の出まで1時間。朝になればまた音楽に対する気分も変わる。

夜には夜にふさわしい音楽がある。