音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

パンドラの小箱 +4 / 岩崎宏美 (1978/2019 SACD)

筒美京平の凄みとも言える要素を十二分に堪能できる傑作。

初めて聴いたのはつい最近なのだけれども、一気に虜にさせられた。

この人の引き出しの巨大さは、職業作曲家の中でも群を抜きすぎていることを改めて実感させられた次第。

頭痛が痛い的表現ではありますが。