音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

昭和歌謡を唄う / 平山みき (2019 96/24 Amazon Music HD)

はすっぱなボーカリゼーションである平山みきが昭和歌謡。

もちろん昭和歌謡のリアルタイムな方ですから、それなりに歌うんでしょう?と思いながら聴き始めて、すぐにシャッポを脱いだ。

いいです、これ。どこか気怠くも投げやりで、それでも芯がしっかりと通った歌の仕事をしっかりと決めている。

そして何よりも。何よりもですよ。船山基紀のアレンジ技が冴えること冴えること。

原曲のキモがどこにあるのかがよく分かっている、ベテランアレンジャーの極上の仕事。

そりゃ、この時代をリアルタイムにアレンジメントしてきたお方ですから、お手のものかもしれませんが、それにしてもやはり達人の仕事ですよ、これは。