音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ハードコア?の渡り歩いた先にあったものは。

MAN WITH A MISSIONがサブスク解禁とのニュースを受けて「そういや、MWAMを真剣に聴いたことがないな」とベスト盤を聴いてみたのだが、半分ほど聴いた辺りでどうにも煮え切らない雰囲気を覚え、そこで止める。

何かが中途半端なのだよね。リフで曲を押し切ってしまっている印象を持ったのです。

そこでふとFACTの存在を思い出し、音源散逸のため同様にサブスクで久しぶりに聴いてみたのだが、何かがどっちつかずな感覚。MWAMに近い感想を抱いてしまった。

「ハードコアと自分との相性は悪いのかしら?」と思い、DAPに入っているアーティストをスクロールさせていくと。

「あ、いた」

マキシマム ザ ホルモンがいました。

ここに落ち着きました。今、聴いてます。『予襲復讐』を。

これ、もう7年も前の作品なのか。久しぶりに聴いてみると、何と言いましょうか。

風化しないな、これ。

ところで、ホルモンはハードコアでいいのか?