音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第1番 / シェリング, へブラー (1978/2012 FLAC)

この音源を再生するまでに紆余曲折ありまして。

ヘッドホンAONIC 50をPCにUSB接続させ、ヘッドホンの内蔵DACを通して音を聴いてみようと思ったのです。

ところがAONIC 50をPCに接続させても、OSがそれを認識してくれない。既定のドライバのままでうんともすんとも言わない。

ケーブルがいけないのか、ポートがいけないのか。あれこれ試すこと1時間。

ハタと気がつきましたね。「そうだ、こいつはUSBデバイスだった!」と。

ヘッドホンとPCをケーブルで繋いでから、ヘッドホン側の電源をON。はい、これで全て解決です。

当たり前のことがすぐに出てこなかったのは、歳のせいなのか、夜中のせいなのか。

後者にしておきます。

肝心の音ですが、ややエッジィに感じられますが、それはおそらく内蔵アンプの解像度が高いためでしょう。そういった匂いのする音がしています。

音色は非常に明るいですね。このヘッドホンがそもそもそう言った性質の音を出すので、そこのキャラクタは変わりなく、といったところ。

クラシックでも問題なく楽しめますよ。