音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Crème de la Crème~Édition spéciale~特別篇 / T-SQUARE (2021 SACD)

Disc1-2を聴く。安藤正容ディスク。

この2枚を聴いた段階で、もう完全にお腹一杯となり、一日でディスクの全てを聴き通すのは無理と判断。

安藤さんの楽曲をここまで絞り込んで提供されているというのに、これでもかこれでもかと矢継ぎ早に安藤メロディが続くと、さすがにこたえるものがあります。

安藤さん楽曲は間違いなくT-SQUAREの顔であるのだけれども、自分の中ではフックとなる要素がわりと少な目と言う印象はやはり変わらず。

逆に言えば、それこそがT-SQUAREのポップインストゥルメンタルバンドとしての圧倒的な存在感を作り上げていたのだと実感させられた次第。メロディとして非常に分かりやすいのだよね。

T-SQUAREに安藤正容ありき。改めて理解いたしました。