音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

OH MY LOVE / ZARD (1994 FLAC)

最近になって「通ってきたはずの音楽たちを、今再び立ち止まって振り返る」機会が増えているような気がする。

このところ再生回数を重ねているZARDもその一環ですな。

リアルタイムではさほど興味が無く、それでも耳には入ってきていた音楽と言う意味合いでは、前述の「通ってきたはずの音楽」なのだよね。

この現象の裏には「今の、音的にローが入ってなく、また、音符や歌詞を詰め込み気味の音楽」に耳も体力もついていけないと言う側面があるのです。

それについては先日実感させられる機会があったのですが、それはまた別の話。

OH MY LOVE 【30th Anniversary Remasterd】