音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

チャイコフスキー:交響曲第1番 / オーマンディ, フィラデルフィア管弦楽団 (1968/2012 FLAC)

夜のクラシック。その続き。

あまり耳を通してこなかった、チャイコフスキーの交響曲を。これがなかなかに聴きやすい。小難しい要素がなく、小気味よい流れで楽曲が進んでいくからかもしれない。

こんな機会でもないと、「聴けてなかった」クラシック音楽を聴ける時間もそうそう取れないからね。小さな事から前向きに考えよう。