音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:ピアノ協奏曲&ショパン:ピアノ協奏曲第2番 / アルゲリッチ, ロストロポーヴィチ, ワシントン・ナショナル交響楽団 (1978/2019 SACD)

クラシック道の先輩でもある友人と「女性のピアニストについて」と意見を交わしながら聴く。

曰く、アルゲリッチは女性ピアニストとしては例外的な存在であると。なるほど、と思いながら。