音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第2番 / トレヴィーノ, マルメ交響楽団 (2020 SACD)

ベートーヴェンを聴こう。何を聴こう。

と、考えたところで、あまり耳を通したことのない交響曲から何かをと思い、この2番を。

以前にも書いた感想だけれども、フルオケなのにスポーティで快活な演奏。妙なもたれなど一切存在ぜず、グイグイと音が進んで行く感覚。

今日のクラシックは健全な精神状態で聴けているのではないかと。夕方に向かってきて、段々と気分が整ってきたとも言えますが。