音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ドヴォルザーク:交響曲第8番 / クーベリック, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1966/2018 SACD)

時に勇ましく、時にムーディに。

表情がコロコロと変わる曲の流れが、聴いていて楽しい気分にさせる楽曲。まだドヴォルザークの全ての交響曲を聴いたわけではないけれども、現時点ではこの第8番が一番印象的かな。