音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」 / ヤルヴィ(パーヴォ), NHK交響楽団 (2019 SACD)

しばらく聴いてませんでしたね、これ。

色々なマーラーを聴く中で、いつの間にか存在が埋もれてしまってました。CDラックの中から目が合ったのでチョイス。

あれ。いい、これ。オケが雄大に鳴っている。N響ってこんな鳴り方していたのか。強弱の移り変わりも自然かつドラマティック。打楽器の使い方が、いかにもパーヴォ・ヤルヴィと言った感もあって特徴的。

これはなかなかに懐の広い演奏ではないかと。録音もグッドであります。